2006年06月12日

CGI::Session::ExpireSessions 1.08がリリースされました

CGI::Session 4.14がリリースされたことを受けて、古くなったセッションデータを掃除するモジュールのCGI::Session::ExpireSessions 1.08がリリースされました。

CGI::Session::ExpireSessionsはこれまで独自にセッションデータを処理していましたが、今回のCGI::Session::find()のaccess time書き換え問題がfixされたことで、CGI::Session::find()を使うexpire_sessions()メソッドが追加されていました。

これまでのexpire_db_sessions()メソッドとexpire_file_sessions()メソッドも引き続き使えるようですうが、CGI::Session 4.14以降を使えるのであればCGI::Session::ExpireSessions 1.08を導入してexpire_sessions()を使うようにした方が良さそうですね。
posted by はしもと at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Perl
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック