2006年03月31日

CGI::Session 4.10のnameメソッドBug

CGI::SessionのVersion4.10にて、nameメソッドの仕様が変更になっています。

4.09まではパッケージ変数 $CGI::Session::NAME を操作するクラスメソッドでした。

これが4.10になって、$self->{_NAME}を操作するインスタンスメソッドに変更になっています。このメソッドを使わずにパッケージ変数を変更する方法も可能です。

セッション名を
$CGI::Session::NAME = 'SESSION_NAME';
として指定していれば、4.10にバージョンアップしても問題ありません。

マニュアルに従って
CGI::Session->name( 'SESSION_NAME' );
my $session = CGI::Session->new( ... );
のようにクラスメソッドとしてnameメソッドを使ってセッション名を指定する方法を用いている場合、4.10にバージョンアップするとエラーが発生します。

これは既にメーリングリストで報告されていて、次のバージョンでfixされるそうです。

早くリリースされないかな…。
posted by はしもと at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Perl
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック